トップ / マスコミ・行政の皆様 / 国民健康保険・社会保険について

国民健康保険・社会保険について

健康保険検討委員会について

ペインクリニック領域の保険診療・診療報酬体系にかかわる点を検討し、ペインクリニック・痛み診療の発展が、より多くの患者さま(国民)に寄与できることを目的としています。
保険診療は、医科診療報酬点数表に基づいていますが、医療技術は、日々進歩・変遷していています。当委員会では、医療技術の進歩、医療へのニーズに見合った治療内容や新規技術が公的に認められ、多くの患者さまにとって福音となるべく活動しています。
具体的には、以下のような活動を行っております。

麻酔科学会や痛み関連学会と連携を持ちつつ、外科系学会社会保険委員会連合(外保連)を通じて上記目的を達成するために厚生労働省に働きかけています。
医療技術の進歩、医療へのニーズに変化に伴い、治療方法、治療薬の適応や使用方法等を見直さなければならないこともあります。薬剤の適応や使用方法の適正化を検討して公に示しつつ厚生労働省にも申請を行っています。
適正な保険診療が実施されることを推進すると共に、各医療機関からの適切な診療報酬明細書が提出されることを啓発しております。
診療報酬明細書は毎月審査されますが、医科診療報酬点数表の解釈には、審査員や地域によって差異が生じています。その格差の更正も目指しています。
学術集会では、委員会企画などを通して適正な保険診療・診療報酬体系についての教育・啓発を行い、審査員・地域格差などの情報を共有し解決できうることを模索しています。

2022(令和4)年度診療報酬改定に向けて以下の項目について要望書を提出いたしました。

改正

(1)
椎間板内酵素注入療法の施設基準拡大
平成30年度PMDA合意の適正使用ガイドに記載された施設・医師要件と令和2年度診療報酬改定で医療課から通知された施設・医師案件が異なり、平成30年度薬事承認時に使用できた医師・施設が令和2年度からは使用できなくなっているため変更をお願いしたい。また適用学会においても当初適正使用ガイドに記載のあった日本ペインクリニック学会(JSPC)、日本インターベンショナルラジオロジー学会(JSIR)における使用も許可していただきたい。さらに各学会の施設認定期間を3-5年程度としていただきたい。
令和2年度診療報酬改定で5350点の手技料が新設されたが、人件費・償還不可能な材料価格、また長期にわたる治療効果と安全性等を考慮するとより高い技術料の評価をお願いしたい。
(日本脊椎脊髄病学会・日本IVR学会と共同提案)
(2)
慢性疼痛に対する認知行動療法の適応拡大

認知行動療法の現在の保険算定適応疾患は、うつ病等の気分障害、強迫性障害、社交不安障害、パニック障害又は心的外傷後ストレス障害であり、慢性疼痛は含まれていない。

(3)
緩和ケア病棟入院中の患者に対する神経ブロックの包括対象外化

日本ペインクリニック学会「がん性痛に対するインターベンショナル治療ガイドライン」で、がん患者の痛みを軽減するために神経ブロック治療は有用であることが述べられている。またがん患者の痛みを軽減することは、患者のADLやQOLの向上につながり、医療用麻薬の使用量を減らせる、入院期間を短縮できる可能性もある。緩和ケア病棟で神経ブロック治療を包括外とすることは、神経ブロック治療が多く用いられ、結果、がん患者のQOLを向上させることが期待できる。
(日本緩和医療学会と共同提案)

新設

(1)
神経ブロック(パルス高周波法使用)

神経ブロックには局所麻酔薬を用いる手技(局麻薬ブロック)と神経破壊薬もしくは高周波熱凝固による神経破壊を伴う手技(神経破壊ブロック)がある。局麻薬ブロックでは短期間しか効果が得られないこともあるため、長期間の効果持続を期待して神経破壊ブロックを用いることがあるが、運動線維も混在する神経破壊ブロックの場合は、神経支配領域の筋力低下が起きる可能性がある。高周波電流を断続的(パルス)に通電を行うパルス高周波法を用いた神経ブロックでは、針先の温度が42℃以下に保たれるため、組織を壊死することなく長期間の鎮痛効果が期待できる。より合併症が少なく、長期間の鎮痛効果は、処方薬剤の使用減少にも寄与できる。

(2)
慢性疼痛に対する集学的治療

慢性疼痛を有する患者は、痛みの原因や影響が身体面のみならず、心理面、社会面と多岐にわたるため、慢性疼痛の治療に関わる医療従事者の専門分野や治療内容も、これらの要素および各要素間の関わりを踏まえた、多様なものであることが望ましい。本邦でも、慢性疼痛に対して集学的治療が行われているが、保険算定収載されていないため、積極的に実施する施設はまだ少ない。保険算定収載されれば、慢性疼痛に対して実施する施設も増え、多くの慢性疼痛患者の痛みや生活の質を改善させることが期待できる。


ペインクリニック学会として会員の皆様にとってプラスになるような申請内容を考慮しています。会員の皆様でご要望などありましたら、事務局にご連絡ください。
このページの先頭へ