トップ/会員の皆様/治療指針・ガイドライン/神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン

神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン

表紙(PDF / 3,345KB)

大扉(PDF / 1,124KB)

中扉(PDF / 472KB)

(PDF / 563KB)

目次(PDF / 775KB)

論文分類(PDF / 426KB)

本文(PDF / 2,424KB)

はじめに

  1. 方法
  2. 第一選択薬
    1. 三環系抗うつ薬
    2. カルシウムチャネルα2δリガンド
  3. 第二選択薬:日本国内で臨床試験が行われている疾患特異的な治療薬
    1. ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液含有製剤(ノイロトロピン®)
    2. セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬[serotonin noradrenalin reuptake inhibitor(SNRI)]
    3. 抗不整脈薬
  4. 第三選択薬:麻薬性鎮痛薬(医療用麻薬)および弱オピオイド製剤
  5. その他
    1. 抗痙攣薬
    2. 抗うつ薬
    3. NMDA受容体拮抗薬
    4. ビタミンB12製剤:メコバラミン
  6. 疾患各論
    1. 帯状疱疹後神経痛
    2. 有痛性糖尿病性ニューロパチー ※アルドース還元酵素阻害薬
    3. 三叉神経痛
    4. 中枢性神経障害性疼痛
  1. まとめ
  2. 参考文献
  3. エビデンス

索引(PDF / 498KB)

奥付(PDF / 490KB)