トップ / 学会概要 / 会長挨拶

会長挨拶

一般社団法人日本ペインクリニック学会第54回学術集会

会長 川真田 樹人

日本ペインクリニック学会
第54回学術集会会長
信州大学医学部麻酔蘇生学教室

川真田 樹人

このたび、2019年7月9日(木)〜11日(土)の3日間にわたり、長野市のビッグハット・若里市民文化ホールにおいて、第54回 日本ペインクリニック学会大会を開催させていただくことを大変光栄に存じます。また2020年は東京オリンピックも開催される日本にとって記念の年で、この時に本学会の開催の機会をいただき感謝するとともに、責任の重さを痛感しています。

この半世紀で、X線透視下神経ブロック、超音波ガイド下神経ブロック、CTガイド下神経ブロック、神経破壊薬から高周波熱凝固、脊髄刺激療法など、本邦におけるペインクリニック診療は大変進歩しました。一方、痛み研究も末梢から脊髄へ、脊髄から脳へと進歩し、神経とグリアや免疫系とのカップリングなど、新たな概念による痛みの理解が進んでいます。そこで、今回のテーマを「広げる:ペインクリニックからペインメディスンへ」とさせていただき、今後、ペインクリニック領域の臨床・研究・教育をさらに広げていくために、私たちは何をすべきかを考える契機になればと願っています。ペインクリニックの診療の幅を広げるために、痒み感覚や運動療法の基礎と臨床についての講演やシンポジウムを組み、ペインクリニック領域を超えた議論をしていただくことにしました。また、グリア研究をはじめとする神経科学の講演やシンポジウムから、ペインクリニック研究の進むべき方向性についても考えてみたいと思います。他方、日本ペインクリニック学会の特徴の一つとして、麻酔科医の会員が多くを占めることが挙げられます。麻酔科医の長期予後改善の取り組みとして、急性術後痛から慢性術後痛への予防と治療は重要なテーマです。この分野でも講演とシンポジウムを行い、麻酔科医として今後、どう取り組むべきか、その方向性を模索したいと思います。一方、慢性痛に対するオピオイド治療は、治療の幅が広がるものの、医療だけでなく社会に対するオピオイドの弊害を予防する必要があります。アメリカや諸外国におけるオピオイドクライシスの実情と正常化への取り組みを通じて、わが国におけるオピオイド使用についても考えてみたいと思います。

7月はじめの長野は過ごしやすい時期です。蕎麦、山菜、野菜、フルーツなど、山の幸を満喫いただけます。そして、長野県には数多くの日本酒蔵元やワイナリー、ビール・ウイスキー醸造所がありますので、ぜひご堪能下さい。善光寺、戸隠、小布施、松代などの歴史ある街並みや美しい自然に触れることができます。少し足を延ばしてもらうと、数多くの名湯にも入れます。是非、学会の合間や学会後に楽しんで下さい。空気と水の美味しい長野で皆様のお越しをお待ちしています。

一般社団法人日本ペインクリニック学会
第54回学術集会会長
信州大学医学部麻酔蘇生学教室
川真田 樹人


一般社団法人日本ペインクリニック学会第55回学術集会

会長 山崎 光章

日本ペインクリニック学会
第55回学術集会会長
富山大学医学部麻酔科学講座 教授

山崎 光章

この度、2021年7月22日〜24日の3日間にわたり、富山市の国際会議場・ANAクラウンプラザホテル富山・富山市民プラザを会場として、日本ペインクニック学会第55回学術集会を開催させていただくことになりました。コロナウイルスの蔓延により東京オリンピックの開催が1年延期となり、奇しくも、本学術集会最終日がオリンピックの開催初日と重なることになってしまいました。このため、当初の予定とは異なり、さらにいくつかの問題も生じましたが、これもなにかの縁であると考え、そのような時期に開催できることを感謝するとともに皆様のご協力のもと、富山らしさが詰まった学会にしたいと思っております。

第55回を迎える本学術集会においては、テーマを「痛み治療をわかりやすく科学する」といたしました。痛み治療を科学的観点から取り上げるとともに、基礎的な研究で得られた最新の痛み情報を日常の診療に取り入れられるようにわかりやすく提供したいと考えております。また、いろいろな痛み領域の専門家が持っている技術を、学術集会参加者の皆様にわかりやすく伝える場にしたいとも考えております。そのために、痛み治療に携わる皆様に十分に満足していただけるコンテンツが提供できるよう努めてまいります。

2020年7月時点では、コロナウイルスの蔓延により、医療従事者を含めて多くの国民が経済的・社会的制約のもと不自由な生活を送っています。このような状況は、慢性疼痛の患者さんにとってもけっしてよい環境とは言えず、私たちペインクリニシャンはその状況を見極め、よく考え、対応していく必要があります。そのために本学術集会が今後も皆様の診療・治療の一助となり、慢性疼痛患者さんの生活の質の向上に寄与できればと願っております。現時点では、コロナウイルスの社会に対する今後の影響がまだはっきりとしないところですが、富山での開催を前提に準備を進めてまいります。

富山県は、「天然のいけす」と称される富山湾や立山黒部アルペンルートが通る雄大な北アルプスを有しており、今回富山の海と山を背景にした学術集会のポスターを作成いたしました。毎年7月には、白エビをはじめとした海の幸と種類の豊富な山菜などの山の幸を同時に堪能していただけます。また、美味しい日本酒やワイン、地ビールなどもあり、富山においでの皆様には富山が誇る食を十分堪能していただけると確信しております。さらに、季節もよく、立山黒部アルペンルートや五箇山・白川などの景勝地に足を伸ばして、大自然や歴史に触れていただくこともできます。

私どもは、皆様に十分満足していただけるよう学術集会の準備をしておりますので、2021年の7月には、ぜひ富山へお越しくださいますよう、心よりお待ちしております。

一般社団法人日本ペインクリニック学会
第55回学術集会会長
富山大学医学部麻酔科学講座 教授
山崎 光章

メニュー

このページの先頭へ